読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/15

今日は4時間半睡眠初日。

途中眠くなることもあったが仮眠を挟んでおおむね問題なかった。

 

クリスティーナ

久しぶりにクリスティーナと会った。彼女の前で極端な理論を展開すると批判される傾向があり、それを億劫に感じていた。しかし他愛もない話をする分には反応もよくつたない英語を笑顔で聞いてくれる。どうどうとした姿は18歳には見えない。

外見に関しては会わない間に美化していたかもしれない。美しいが歯の骨格が全面に出ているのでうまくキスできない。

彼女はホームレスには厳しいと思っていたが、スタバで休んでいるときに荷物を落とした男性とそれを無視する通行人をみて「なぜみんな無視しているの」と憤慨していた。すべての物事を他人事にするべきではない。募金に関して彼女の前だから断るのではなく自分の選択で断るべきだった。

彼女のハグは気持ちいい。恋人にはなれないしなりたいかもわからないので、友達でいたい。彼女の友達はきっとクールだろう。

バスケ観戦にさそったが返事がない。この間もひと月にわたって無視があったから恋愛対象として大切にされているというわけではない。

嬉しかったことは韓流スターに似ていると言われたこと。外見を気に入られているようである。また俺と友達でいたい理由として俺のメンタリティが特異であると言っていた。本心かどうかわからないが、確かに俺と彼女は異なる考えをもっているから一緒にいて楽しい。

どうにか勉強を頑張って大学に入学してほしいと思う。

 

ジム

今日は普段と違うトレーニングをした。名前は忘れた。知らないトレーニーにベンチの補助を頼んだら快諾してくれた。こうやって友達が作れたらいいんだろうな。かわいい子がいたけど声がかけられなかった。そういえば愛の経典?でも舞台はクラブなどだし、出会いを期待していない場所はフィールドと捉えないほうが精神衛生上いい

 

the dreamers

お父さんがイザベルの体を情熱的にさわるシーンはどういう意味なんだろう。裸で寝ているところを発見したときの表情も完全にイザベルだけを見ている。性的関係を疑ったが彼女は直前まで処女だった。

肩のお揃いの傷はなんだろう。やけどをふたりでつくったのか?

マシューはテオに街で戦えと挑発した。実際にテオとイザベルが街で戦ったとき失望していた。

仲間と認める という言葉の強大さが印象的。自分はどんなグループに属しうるのだろう。自分と同じ性格をもつ人物はだれなんだろう。

デートの日、テオは誰と寝ていたの?なんで音楽がかかったらないたの?

 

god father

役割(親子)を明文化することで結束が強まる

 

todo

バスケの予約

クリスティナをせかす

モロッコの飛行機

バルセロナの計画

引越

景品の旅行の内容確認

プロテインの移し替え